【本日の作業】

オイルフリースクリューコンプレッサの電気部品の交換修理に伺いました。

交換部品は電磁弁2個になります。旧部品にて異音及び振動が発生していたため交換修理となりました。

下記の写真は作業完了後、旧部品を工場へ持ち帰り分解した様子です。

【耐用年数】

本日のコンプレッサの電磁弁交換は、2年もしくは3年毎になります。(年間運転時間により異なる)

【学んだこと】

オイルフリーコンプレッサは圧縮空気中に油分が含まれませんが、大気を圧縮した高温のエアーには水分が含まれ、次工程のエアドライヤーにより除去されます。

分解した部品を診ると、樹脂部品の磨耗やゴム部品の硬化などが診られました。

油分を含まず摺動している部分でもあり、据え付け環境によっては結露などが乾燥した際に残留した物質などが影響しているのではと思われます。

据え付け環境によりコンプレッサの状態はさまざまですが、整備基準による定期修理を今後もご案内させていただきます。