【本日の作業】

油冷式スクリューコンプレッサの定期修理に伺いました。

前回の点検時に劣化が診られた圧縮機本体のプーリーも交換になります。

プーリーは磨耗していなければ交換はしません。

【ポイント】

モーターの動力をベルトで圧縮機に伝えているため、プーリーは少しずつ磨耗してしまう部品です。

長年交換を実施していないプーリーは、磨耗により山が無くなっていたり、鋭利に尖っていたりします。

運転開始時にベルトが鳴く音がしたり、フロントパネルを空けた時に黒い粉やゴム片などに気がついたら点検が必要です。

※点検時には必ず運転を停止し、元電源をOFFにしてから実施します。

また不用意に素手で触れると思わぬ怪我をする場合が有りますので、サービスマンに依頼する事を推奨します。

指先だと結構イタイです。

試運転の結果回転良好です。