【本日の作業】

本日は、22kWスクリューコンプレッサの定期修理に伺いました。

吐出温度でエラーになると伺っていましたが、圧縮機のアフタークーラーが目詰りを起こしていました。

写真はアフタークーラーのコンデンサですが、空冷式の圧縮機は圧縮空気を冷却するためにコンプレッサ周辺の新鮮な空気を吸い込んで、熱交換後に上方へ排気しています。そのため、クーラーの外側に塵埃や綿、鳥の羽などが吸い付けられてしまいます。

【目詰りを起こすとどうなるか】

新鮮な空気の通り抜けが悪くなると熱交換の効果が低下して、次工程に高温の空気が流れます。

このクーラーは潤滑油の冷却機関(オイルクーラー)を内蔵している場合が多いので、循環するオイルも徐々に上昇し、圧縮機空気の温度が高くなる原因になります。

先程の空気側の温度上昇は、次工程の冷凍式エアドライヤーの入気温度上昇に繋がるため、今度は熱交換用ガスの圧力上昇に繫がってしまい、ドライヤーにエラーが発生したりします。

【どうすればよいのか】

アフタークーラー(オイルクーラー)のコンデンサと内蔵エアドライヤーのコンデンサは、ほとんどの機種が外側から入気して上方排気と思われます。

定期的に外側の目詰りをエアブロー清掃する事が必要です。

(現行機種の中にはパネルを分解しないとエアブローできない物もあります。)