先日こんな問い合わせがありました。

「どのメーカーのコンプレッサがお薦めですか?」

とても、ダイレクトで抽象的な良くある質問です。

でも、良く考えてみてください。

産業機械はJIS規格の範囲の中で製作さてた製品なので、性能はその範囲内で保証されています。

では、何をもって「良い」とするのでしょうか。

操作性?耐久性?デザイン?サービス網の充実?

それこそ、サービス網の充実を除けば、各々の趣向傾向が表れやすいです。

それでは、サービス網が充実していれば良いのでしょうか。

ちょっとその前に、「その製品の部品点数」という視点で観て見てください。

「その製品の部品点数」が少なければ故障発生率は下がるはず。

「部品点数が少ない」というのも、素材選びから始まるそのメーカーの設計努力だったりします。

また、故障発生率が下がればサービス員の出番は少なくなります。

「部品点数が少ない」というワードを覚えておいてください。

PS

「部品点数の多い、少ないの見分け方」は後日に。