【本日の作業】

37kW油冷式スクリューコンプレッサの内蔵エアドライヤーの交換修理に伺いました。

ドライヤー内蔵型のコンプレッサも経年的劣化により、ファンモーターや制御スイッチ類、冷媒ガス漏れなど様々な故障が発生してきます。

今回はドライヤーユニット全部の交換にてご注文を頂きました。

長期的に考えるとドライヤー故障によるコンプレッサの異常停止が無くなるので、頻繁に修理する必要が無くなる事になります。

【苦労した点】

ドライヤーユニット修理時は周辺の部品も同時に交換となります。

ドライヤー、パネル、配管継ぎ手、ゴムホース、配線コネクタなどです。

パネル交換には電源を外し、ホース交換には配線ボックスを外し、配管継ぎ手は取出し位置に変更があるため組み立てが必要です。

大変な作業ではありませんが、元の状態以上に仕上げるには少し時間を要します。

ドライヤーユニットを新品に修理したコンプレッサは新品同様になり、本日お客様に引き渡しさせていただきました。