「壊れたら」ではなく、「壊さない」を考える。エアーコンプレッサのプロ集団 酒井工機

圧縮エアーは私たちが呼吸している空気、いわゆる大気を圧縮して作り出され、毒性、燃焼性がない安全なエネルギー源としてさまざまな用途に利用されています。この圧縮エアーの利用は非常に古く、圧縮エアーそのものの存在は紀元前450年に、ギリシャのデモムリトスによって発見されたと伝えられています。
わたしたちは、先人があみ出した知恵の集積ともいえるエアーコンプレッサを修理という行為で肌身に感じ、23年間、小型機から大型機までのべ10,000台を越える修理を手がけ、このエアーコンプレッサは、「こうしたら壊れる」とか「こうすると圧縮エアーをうまく送れない」という原点を知り尽くしている修理屋です。
同一の室内に、同じ日に作られ(製造番号1番違い)、同じ日に隣り合わせに据え付けされ、同じ日に稼動が始まっても、決して同じ運転状態にならない現実も熟知しています。
豊富な経験と事例を応用し「原点」を知っているからこそできる手法で、「トラブルが起きてから対処する」という考え方から購入計画時から「壊れづらくする」という視点の移行をもお手伝いさせていただいています。ご縁がありましたらお知らせください。

代表取締役 酒井 啓

TOPICS

TOPICS一覧はこちら

修理屋ブログ トラブル百景 エアーコンプレッサ修理屋の闘い

人に安全・環境に安心 酒井工機の空圧システム

酒井工機では、長い間に培った技術力に、私たちの誠心誠意をこめて、皆さまのお役に立てるよう頑張っております。

酒井工機の業務内容はこちら



あ!ちょっとまって! そのエアー(圧縮空気)、大丈夫? 歯科医の方のための お役立ち情報
歯科医院で使われている「風あてますよぉ~」の風(圧縮エアー)。実は知らない間に汚れてしまっているかも!
エアーコンプレッサのプロ酒井啓が教える 「エアーコンプレッサの耐久時間」 小冊子無料で差し上げます!お申込みはこちら→
20年以上のトラブル対処経験と原因究明力が語る「職人の目が見た エアーコンプレッサの耐久時間」必読です!

会社の利益が逃げていくそのエアー漏れ見逃していませんか?

チラシをダウンロードできます。(PDF)

経営革新計画の承認を受けています

経営革新計画承認書

クリックすると拡大してご覧頂けます